店舗bgmでお店の雰囲気をバックアップ【気になる騒音を遮断】

お店でBGMを流す意味

ウェイトレス

音楽リソースを選ぶ

お店を経営する際にbgmを流すことがあります。飲食店舗や若者の服飾品を取り扱うお店でbgmは活用されています。また、大型商業施設などでもbgmを流していることが多いです。bgmを流す意味は、お買い物の際に賑わいや雰囲気等のためということが多いようですが、バーやラウンジなど静かな雰囲気でお酒をいただく店舗では、ピアノ演奏やハーブ演奏などの穏やかなbgmを流していることが多く、多くの人が訪れる場所では大きめのサウンドでbgmを流し、メリハリのあるテンポのサウンドということが多いようです。bgmとはバックグラウンドミュージックの略で、映画の挿入音楽や店舗で流すミュージックですが、気分を穏やかにしたり、高揚させたりするためのもので、人が持つテンションをコントロールする手段として流されるのです。お店の雰囲気に合わせたbgmを選ぶ必要があります。落ち着いた気分で食事やコーヒーなどをいただく店舗で、大きな音でテンポの良いサウンドはストレスとなります。大型商業施設やスーパーマーケットでは購買欲を高め、商品選びのテンポを良くするためにサウンドを大きめにし、テンポの良い音楽を選ぶことが一般的です。音楽リソースはラジオや有線放送、インターネットなどがありますが、店舗で流すbgmで著作権を持つ音楽を流す場合、一定の著作権料を支払う義務があります。ただ、ラジオ放送であれば著作権料を支払う義務がありません。インターネット等から音楽リソースを得ることが可能で費用も掛からないので、近年利用者は多いです。

Copyright© 2018 店舗bgmでお店の雰囲気をバックアップ【気になる騒音を遮断】 All Rights Reserved.