店舗bgmでお店の雰囲気をバックアップ【気になる騒音を遮断】

素敵な音楽を流そう

店員

著作権に注意

店舗にbgmを流す場合、どのような点に注意すればよいでしょうか。残念ながら買ってきたCDをそのまま流したのでは著作権法に触れる可能性が高いです。日本音楽著作権協会の取り締まりが強化され、多くの施設に法的処置が実行された例も耳にします。買ってきたCDを店舗で使用する場合は、日本音楽著作権協会に申請して著作権使用料を支払うことで問題なくその音源を店舗で使用することができるようになります。しかし申請には手間がかかりますし、できることなら著作権使用料は支払わずにあsのbgmを流したいものです。ではどのような方法があるのでしょうか。まず、テレビやラジオで流れているものを流す方法があります。テレビやラジオはもともとが多くの人に聴かせる目的で作られたものですので、店舗内でbgmとして使用してもまったく問題ありません。ただし以前に放送したものを録音して流す場合は、著作権の中の複製権の侵害にあたりますので、控えるようにしましょう。さらに音楽の中には著作権がないものもあります。著作者が亡くなって50年以上経過していたり、民謡のような古い音楽で著作者が誰になるのかわからないもの、著作権の条約に加盟していない国の音楽などには著作権がありません。著作権がない音楽を集めたCDも販売されていて、著作権フリーのライブラリーで検索することができます。こういったものを店舗のbgmとして使用することも方法のひとつです。

Copyright© 2018 店舗bgmでお店の雰囲気をバックアップ【気になる騒音を遮断】 All Rights Reserved.